IMF:景気回復でも先進国銀行の25%は脆弱-日本は為替変動に弱い

世界経済が回復しても先進国・地域の銀行のほぼ4分の1は成長加速を支えるには力不足でさらなる衝撃に弱いだろうと、国際通貨基金(IMF)が分析した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。