ドイツ銀債CDS取引、5週連続で増加-スプレッドは短期と長期逆転

ドイツ銀行の社債をデフォルト(債務不履行)に対して保証するクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)の取引が5週連続で増えた。

  9月30日終了週には総額で27億ドル(約2800億円)相当のドイツ銀債を保証するCDSが売買された。米証券保管振替機関(DTCC)のデータによると、これは前週の3倍余り。メキシコ、トルコ、中国の債券のCDSに次いで4番目の取引の多さだった。

  9月30日時点で、CDSで保証されたドイツ銀債は純額ベースで41億ドル相当と前週から増え、世界の銀行の中で最大だった。

  ドイツ銀債のCDSは9月30日に短期の保証料が長期を上回り、ストレスを浮き彫りにした。10月5日もこの逆転は続いている。

原題:Deutsche Bank Debt Insurance Trading Volumes Rise for Fifth Week(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE