石原再生相:消費税率12、13、15%への引き上げ問い掛け選挙を

更新日時
  • 10%でも社会保障の財源「賄い切れない」-財政規律しっかり守る
  • 日露関係の改善は米国にとっても良いこと-平和条約ない状態改善を

石原伸晃経済再生相は、高齢化に伴い膨張を続ける社会保障費に対応するため、消費税率は10%でも不十分だとした上で、今後は15%への税率引き上げも視野に、国民に選挙で問わなければいけないとの考えを示した。5日、ブルームバーグ・セミナーで話した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。