東電HD広瀬社長:債務超過の可能性、廃炉費用の一括計上なら

東京電力ホールディングスの広瀬直己社長は5日、経済産業省で開催された「東京電力改革・1F問題委員会」(東電委員会)で、原発事故を起こした福島第一原子力発電所の追加廃炉費用を一括計上した場合には債務超過に陥る可能性があるとし、制度的な措置を求めた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。