ゴールドマン:中国不動産市場と金属価格見通しに警鐘鳴らす

  • 政策主導の「住宅ブームは後に低迷する傾向がある」:ゴールドマン
  • 「当行の分析では金属価格にとってのリスクが示唆されている」

米ゴールドマン・サックス・グループは、中国の不動産市場見通しについて警鐘を鳴らしている。同業界全体の脆弱(ぜいじゃく)性が増し価格が下落すれば、特に鉄鉱石と鉄鋼などの金属が困難な状況に陥ると予想している。

  ゴールドマンは商品リポートで「中国の不動産市場で脆弱性が増している。政策主導の住宅ブームは、後に投資資金回収の影響で低迷する傾向がある」と指摘した。

中国・深圳市の建設現場

Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

  アジア最大の経済国である中国の政策当局者らが今年先に、経済成長てこ入れに向け融資を増やしたため、全国の都市の不動産販売は増加し、価格は上昇した。不動産市場の活動の活発化などにより金属価格の上昇が下支えされている。金属6種で構成するLMEX指数は先週、強気相場入りした。金属価格上昇は鉄鉱石値上がりの支援材料にもなっている。

  ゴールドマンは4日発表した文書「中国の住宅市場:良いニュースが悪いニュースになる時」で「当行の分析では金属価格にとってのリスクが示唆されている」と説明。「住宅は耐久消費財であり減価償却ペースが非常に遅いため、需要が急減する際には過剰建設と過剰在庫が下落を悪化させる」との見方を示した。

原題:Goldman Sounds Warning on China Property, Outlook for Metals (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE