共和ペンス氏冷静に対応、民主ケーン氏の挑発に-副大統領候補討論会

  • バージニア州で副大統領候補同士の1回限りのTV討論会が開かれた
  • ペンス氏は税逃れ報道の問題でトランプ氏を擁護

米大統領選挙の民主、共和両党の副大統領候補によるテレビ討論会が4日夜、バージニア州で行われた。民主党上院議員のティム・ケーン氏(バージニア州選出)は共和党のインディアナ州知事、マイク・ペンス氏を挑発して、大統領候補トランプ氏の異論の多い主張の擁護に回らせようとしたが、ペンス氏は冷静に対応した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。