ウォール街でのキャリアが最も長い女性、バーグマン氏死去-101歳

  • 1942年に銀行員秘書として職業人生をスタート
  • 1973年にストラレム入社、ファイナンシャルアドバイザーを務めた

ウォール街でのキャリアが最も長い女性、アイリーン・バーグマン氏が101歳で死去した。戦下の欧州から難民としてニューヨークに渡った同氏は、1942年に銀行員秘書としてキャリアをスタート。亡くなる前は米資産運用会社ストラレムでファイナンシャルアドバイザーをしていた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。