シカゴ連銀総裁:利上げは近い、より明確な意思伝達が望ましい

更新日時
  • 利上げは12月の公算が最も大きいだろう、それ以前の可能性もある
  • インフレ期待の高まりや失業率低下も利上げ判断の良い尺度になろう

米シカゴ連銀のエバンス総裁は5日、米金融当局が年内に利上げすると予想し、その後の行動に必要な条件に関してより明確な意思伝達が望ましいとの見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。