日本株は3日続伸、円安進み業績懸念和らぐ-輸出、金融中心買われる

更新日時
  • 1ドル=103円に接近、電機株指数は9カ月ぶりの高値
  • 保険株が上昇1位、金利上昇期待や米金融株高、グループ戦略も

5日の東京株式相場は3日続伸。米国の利上げ観測の高まりから為替市場で円安が進み、過度な業績懸念が和らいだ。自動車やゴム製品、電機など輸出株が上げ、内外金利の上昇期待もあり、金融株も高い。グループ戦略の積極化も追い風となった保険が業種別の上昇率1位。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。