米国株:続落、連銀総裁のタカ派発言を嫌気-高配当株に売り

更新日時

4日の米株式相場は続落。クリーブランド連銀のメスター総裁やリッチモンド連銀のラッカー総裁など、当局者のタカ派発言を嫌気して売りが優勢になった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。