NY外為:ドル上昇、2週間で最大の上げ-年内利上げ観測強まる

更新日時

4日のニューヨーク外国為替市場では、ドルが2週間で最大の上げ。米金融当局者の発言を受け、年内利上げの観測が強まった。

  ドルは主要通貨全てに対して値上がり。リッチモンド連銀のラッカー総裁はこの日、インフレ加速の可能性を阻止するために利上げを強く求めた。またクリーブランド連銀のメスター総裁は3日、米経済では利上げの機が熟していると発言。同日発表された米供給管理協会(ISM)の製造業総合景況指数は活動の拡大を示した。

  カナディアン・インペリアル・バンク・オブ・コマース(CIBC)の為替戦略責任者、ジェレミー・ストレッチ氏(ロンドン在勤)は「前日のISM製造業景況指数を受けて米利上げ期待が高まっている」と分析。「今週発表される経済データが引き続き前向きな内容であれば、今後もドル買いが続くだろう」と述べた。

  製造業景況指数の改善もあり、先物市場に織り込まれる12月までの米利上げ確率は61%に上昇している。また今週発表される9月の雇用統計では雇用者数の伸び加速が見込まれている。そうなれば利上げ期待がさらに高まり、ドルの魅力が増す可能性がある。

米ドル

Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

  主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポット指数は午後5時3分現在、前日比約0.6%上昇。ドルは対円で1.2%上げて1ドル=102円90銭と、8月以降で最長の6営業日続伸。

  12月までの米利上げ確率は1週間前から11ポイント上昇。この算出は、利上げ後の実効フェデラルファンド(FF)金利が新たな政策金利レンジの中央値になるとの仮定に基づいている。

  ラッカー総裁はこの日、インフレ加速の可能性を阻止するために金利を引き上げるよう求めた。インフレが加速すれば、後になって大幅な利上げを余儀なくされると指摘した。メスター総裁は、米大統領選挙に近い日程ではあるものの11月の連邦公開市場委員会(FOMC)も「ライブ」の会合とみるべきだとの見解をあらためて示した。

  トロント・ドミニオン銀行の北米為替戦略責任者、マーク・マコーミック氏は「大統領選挙に近い日程を考えると、FOMCが11月の利上げを真剣に検討しているとは考えにくいが、メスター総裁は12月利上げの論拠を固めつつあるようだ」と述べた。

原題:Dollar Rises Most in Two Weeks as Wagers for Fed Tightening Rise(抜粋)

(第6段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE