NY金:1300ドル割れ、6月以来の安値-米利上げを警戒

4日のニューヨーク金先物相場は続落。ほぼ3年ぶりの大幅安となり、6月以降で初めて1300ドルを割り込んだ。米経済の改善で利上げが早期に実施されるとの警戒が強まった。リッチモンド連銀のラッカー総裁はインフレ加速の可能性を阻止するために利上げを強く求めた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。