欧州債:総じて下落、テーパリングの必要性でECBコンセンサスか

4日の欧州債市場ではユーロ参加国の国債が総じて下落。欧州中央銀行(ECB)が資産購入プログラムの期間終了前に段階的に買い入れを減らす可能性があると伝えられたことが背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。