米グーグル、スマホ端末市場に参入-「ピクセル」でアップルに対抗

The Google Pixel smartphone.

Photographer: Michael Short/Bloomberg
Photographer: Michael Short/Bloomberg

グーグルは4日、自社設計のスマートフォン「ピクセル」と大型画面の「ピクセルXL」を発表した。スマートフォンのハードウェア市場に参入し、米アップルの「iPhone(アイフォーン)」を追撃する。

  同社発表によれば、販売価格は画面サイズ5インチのピクセルが32ギガのストレージ容量がついて649ドル(約6万6700円)から。「アイフォーン7プラス」と同じ5.5インチ画面のピクセルXLは769ドルから869ドル。ピクセル端末はアルミとガラスの薄型フレームで、ブラックとシルバー、ブルー(米国限定)の3色から選ぶことができる。同社のハードウェア責任者リック・ オスターロ氏は最近のインタビューで、ピクセル端末の組み立てを台湾のHTCに委託すると明らかにした。

  ピクセルの先行予約販売は4日から同社のウェブサイトを通じて開始。店頭販売は10月20日から。米国のほか英国、オーストラリア、カナダ、ドイツで今月中に発売される。来月にはインドで販売を開始する。

原題:Google Goes After IPhone Users With Pricey Pixel Smartphones(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE