ECB、QEテーパリングの必要性でコンセンサス形成-当局者

更新日時
  • 月額100億ユーロずつ買い入れ減らす案が浮上
  • 現行ペースでの買い入れを延長する可能性も依然排除せず

欧州中央銀行(ECB)は恐らく量的緩和(QE)の期間終了前に段階的に買い入れを減らし、月100億ユーロ(約1兆1500億円)ずつペースを落としていく可能性がある。ユーロ圏の複数の中央銀行当局者が明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。