英国の利下げ確率が低下、経済指標はポジティブな様相示す-チャート

  イングランド銀行(英中央銀行)が年内の金融緩和拡大を見送るとの見方をトレーダーらは強めている。6月23日の英国民投票で欧州連合(EU)離脱が選択される前の予想に反して、英経済が引き続き持ちこたえているためだ。3日発表された9月の英製造業活動の指標がここ2年余りで最高に達したことを受け、年内の利下げ確率は20%を下回る水準と、7月時点の50%前後から低下した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。