新興市場株:続伸、米製造業指数改善を好感-消費者関連や金融株高い

4日の新興市場株は続伸。米供給管理協会(ISM)が3日発表した9月の製造業総合景況指数が前月から上昇したことなどを受け、米景気改善の恩恵が世界全体に及ぶとの観測が広がった。

  MSCI新興市場指数はロンドン時間午前8時27分(日本時間午後4時27分)現在、前日比0.3%高。前日は0.9%上げていた。11業種中、消費者関連や金融など10業種が値上がり。

  台湾の加権指数は0.6%高。タイとマレーシアの株価指数も上昇。香港上場の中国本土株から成るハンセン中国企業株(H株)指数は続伸している。マレーシアと韓国の金融市場はこの日、取引を再開。前日は祝日のため休場だった。中国本土市場は今週いっぱい休場となる。 

原題:Emerging Market Currencies Fall on Prospect of Fed Rate Increase(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE