ポンドが対ドルで1985年来の安値、「ハードな」EU離脱を懸念

更新日時
  • EU離脱決めた国民投票後の安値を更新
  • 首相が金融サービス保護を優先しない懸念も

4日の外国為替市場で英ポンドがドルに対し約30年ぶり安値をつけた。英国が欧州連合(EU)単一市場へのアクセスを失う「ハードブレグジット(ハードな離脱)」に向かっているとの懸念が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。