【インサイト】銀行危機でも失職免れた行員、足すくうのはロボットか

銀行危機の影響を免れても、ロボットに足をすくわれるかもしれない。

  欧州の銀行が人員削減する理由は収入の弱さとマイナス金利だけではない。テクノロジーも影響している。何しろ、モバイルバンキングの時代だ。誰が銀行の窓口係を必要とするのか。

  INGグループは3日、6000人近い人員削減と同時にデジタル化に8億ユーロ(約915億円)を投資する計画を発表した。ブルームバーグのデータによると、過去1年に発表された欧州の銀行の人員削減規模はこれで5万人前後に達する。

Reducing Resources

In the last year, a handful of European banks have announced about 50,000 job cuts

Source: Bloomberg

Note: Calculation on share of workforce refers to Q1 2016 for ING and Q2 2016 for all others

  銀行員削減はINGで終わりにはならない。英国やスペインの銀行もデジタル化を進めている。フランスのソシエテ・ジェネラルとBNPパリバは労働組合の抵抗で支店網の縮小に多少時間がかかるかもしれないが、それでも確実に実行されるだろう。

  ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、ジョナサン・タイス氏は、さらにどの程度の人員削減が業界で断行されるか予測は難しいとしているが、10%は妥当だと踏んでいる。しかも、これはブロックチェーンによる影響を考える前の数字だ。

  次のチャートは、ブルームバーグのデータに基づく2008年以降の業界の人員の変遷を示している。

Cutting Trend

In the eight years since the financial crisis, European banks have shrunk their headcount

Source: Bloomberg Intelligence

Note: Latest employee figure is compared with 2007 data for Credit Suisse and Skandinaviska Enskilda Banken

  変化の一部はBNPのフォルティス買収など、合併・買収(M&A)によるものかもしれないが、その方向性は明らかだ。

(このコラムの内容は必ずしもブルームバーグ・エル・ピーの意見を反映するものではありません)

原題:Bank Jobs That Dodged the Crisis Now Face a Robot Dawn: Gadfly(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE