メルシュ氏:一時的緊張に耐えられない銀行は将来の存続可能性に疑問

  • 最近の金融刺激策の全体的な効果は差し引きではプラス
  • 金利引き下げには限界が存在するとメルシュ理事

欧州中央銀行(ECB)のメルシュ理事は3日のスピーチで、利益面での一時的な緊張に耐えられない銀行は、将来の事業体としての存続可能性をめぐるより大きな疑問に直面するだろうと述べた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。