出版社がアマゾンに抗議、読み放題から無断で作品削除-1700点以上

  • 「大変困惑し、憤っております」「強く抗議」-講談社
  • 集英社や昭文社などは当初から作品提供を見送り

Amazon Kindle.

Photographer: Zhang Peng/LightRocket via Getty Images

アマゾン・ドット・コムの日本法人は電子書籍読み放題サービスから複数の出版社作品を削除した。出版社は、読者が「大きな不利益」を被ったと非難している。

  削除された作品は少なくとも1700点。講談社は、アマゾン日本法人の定額読み放題サービス「キンドル・アンリミテッド」に提供していた1000点余りの全ての作品をアマゾンが一方的に削除したことに対し「大変困惑し、憤っております」とした上で「強く抗議いたします」と3日付の発表文で述べた。

  光文社では約550点の文庫・新書などが10月に入ってから同サービスで利用できなくなったと、田辺奈津子広報担当が語った。小学館も170-180作品が削除されていると明らかにした。定額読み放題サービスの利益のうち、アマゾンから出版社へ支払われる配分を引き下げたいとアマゾン側から9月に求められ、話し合いを続けているという。

  アマゾンは日本で電子書籍の読み放題サービスを月額980円で8月3日から提供開始した。出版社へはサービスの利用に応じて一定割合の金額が支払われる仕組みで、当初から出版社の対応は分かれていた。講談社、小学館や朝日新聞出版がサービス開始時から作品を提供した一方、集英社や昭文社などは提供を見送っていた。

  講談社の広報担当、乾智之氏によると当初、同社作品17点が突如、配信停止となった。サービス再開を求め抗議をしていたところ、9月30日夜以降に全作品が一方的に削除されたという。光文社の田辺氏によると、アマゾン側から9月初旬に契約を見直したいという申し出があったが、光文社側は現状の契約維持を求めたという。

  国内ではアマゾンのほかにNTTドコモや楽天、LINEなどが雑誌や漫画の読み放題サービスを展開している。

  アマゾンジャパンの広報担当は取材に対し電子メールで回答し、定額読み放題サービスの「対象作品は随時変動しています」とした上で、キンドル・アンリミテッドの対象作品は全体の一部であり、「キンドルストアで提供している全ての商品は1冊単位からご購入いただけるよう」提供していると述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE