原油安で起債頼みの湾岸諸国、16年の債券発行が過去最高に-チャート

  ブルームバーグの集計データによると、カタールやアラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国の大規模な債券発行で、6カ国から成る湾岸協力会議(GCC)の年初来発行額は444億ドル(約4兆5400億円)に達し、これまでの最高だった2012年を上回った。北海ブレント原油の値下がりにより、世界の原油の5分の1を生産する同地域は歳入不足に陥っており、各国政府は債券市場に駆け込んでいる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。