高頻度取引会社、SECの試験プログラムで企業秘密漏れを懸念

  • SECは小型株取引の促進策を開始、一部銘柄で呼び値の刻み拡大
  • 匿名性はごくわずかで取引戦略が露見すると高頻度取引会社は主張

高頻度取引会社の一部は、米株式市場における米証券取引委員会(SEC)の新たな試験的プログラムの影響で自社の最も価値ある資産の1つである極秘戦略が漏れると不満を募らせている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。