米ネットフリックス株、上昇-決算発表控えて買収観測が浮上

  • 株価は一時、日中ベースで5月31日以来の高値を付けた
  • 同社の加入者の伸びは第2四半期に予想を下回った

オンライン動画配信サービスの米ネットフリックスの株価が3日の米株式市場で5月以来の高値を付けた。7-9月(第3四半期)決算の発表を2週間後に控え、同社が買収対象となる可能性があるとの観測が広がった。

  ネットフリックス株は一時4.9%高の103.39ドルと、日中ベースで5月31日以来の高値となった。年初から9月30日までに14%下落している。

  投資家は米ウォルト・ディズニーが同社に関心を示すかもしれないとの最近の買収の臆測を基に売買している可能性があると、ドレクセル・ハミルトンのトニー・ウィブル氏は指摘。決算発表を17日に控えて株価は不安定になっており、投資家が思いがけない好決算への期待で買っているか、ショートカバーに動いていることもあり得ると分析した。同氏のネットフリックス株に対する投資判断は「バイ」。

  ただ、ウィブル氏は買収の可能性を考慮に入れておらず、「一部で買収の臆測が浮上しているが、ネットフリックスは今のところ身売りの意向を示していない」と説明した。ネットフリックスはコメントを控えている。

  投資家はネットフリックスの加入者の伸びがさらに鈍化するのかどうかを注視している。第2四半期の加入者の伸びは予想を下回った。

原題:Netflix Rises on Takeover Speculation as Quarterly Earnings Loom(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE