モルガン・スタンレー証券部門が抱き合わせ販売-州当局が処分へ

更新日時
  • 顧客への販売競争は「不誠実で論理欠く行為」:州証券当局
  • 口座開設で手数料請求せずとして積極的に争う方針:モルガンS

米銀モルガン・スタンレーが銀行・貸し出し業務を拡大し、ライバルよりも優位に立つことを目指し、リテール証券部門のファイナンシャルアドバイザーに「強いプレッシャーの下での競争」を通じて、ローンの抱き合わせ販売を奨励したとして、米マサチューセッツ州の証券監督当局が3日、行政処分に向けた手続きを開始した。

  米銀ウェルズ・ファーゴが多数の口座を顧客に無断で開設した問題をめぐり、連邦および州当局は抱き合わせ販売を奨励する企業文化がこれを助長したと指摘した。モルガン・スタンレーのリテール証券部門に対する今回の処分手続き開始は、業界全体のこうした販売手法に対する監督強化を示すものだ。

  マサチューセッツ州のガルビン州務長官は、モルガン・スタンレー・スミス・バーニーが同州およびロードアイランド州で「不誠実で倫理を欠く行為」に関与したと主張。同社は2014年1月から15年4月にかけて、証券を担保とするローンの顧客への売り込みを目的として、この種の販売競争を利用したという。

モルガン・スタンレー本店

Photographer: Eric Thayer/Bloomberg

  ガルビン州務長官は発表文で、「今回のケースは、投資家に負う受託者として義務を顧みず、証券部門の顧客への銀行商品の抱き合わせ販売を強い圧力の下で奨励する取り組みを生んだモルガン・スタンレーの企業風土を露呈させるものだ。この販売競争は地域が比較的限定されてはいるが、抱き合わせ販売の販促は組織全体で広く行われた」と指摘した。

  発表文によれば、販売競争の参加者にはローン10件につき1000ドル(約10万円)、30件につき5000ドルのインセンティブが支払われたほか、成績の詳細な評価が行われた。証券担保ローン件数は、販売競争が開始される前の年から3倍に増え、新たな残高は約2400万ドルに達したという。

  モルガン・スタンレーの広報担当ジム・ウィギンズ氏は電子メールで配布した発表文で、マサチューセッツ州当局の主張に異議を唱え、積極的に争う方針を表明。顧客は証券担保ローンの口座開設で手数料を請求されておらず、資金を借り入れる場合のみ手数料を徴収されていると反論した。
  
原題:Morgan Stanley Unit Accused of High-Pressure Sales Tactics (2)(抜粋)

(モルガンSが支払ったインセンティブや同行コメントを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE