北海道の小さな牛舎がアジア最大のロボット牧場に-酪農の未来図

川口谷仁氏は16年前、当時務めていた商工ファンドを辞め、北海道江別市の牛舎を義父から相続した。酪農業の経験は皆無だったが、3人の娘が日々の搾乳業務に追われる酪農事業に興味を示さなかったことから川口谷氏が引き継ぐこととなった。収益構造さえ変えることができれば、酪農従事者の厳しい生活も変えることができるとの目算は立っていた。

  チーズやバターの輸入依存度が増し続ける日本。牛乳の生産量は20年間減り続け、2014年には30年ぶりの低水準まで落ち込んだ。コストは増加する一方で、不況で販売価格は伸び悩み酪農家の利益を圧迫。日々の牛の世話や搾乳作業をいとわない若い後継者を見つけられず、高齢化で廃業に追い込まれる酪農家が相次いでいる。

搾乳を待つ乳牛(カーム角山・北海道江別市)

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

  しかし、テクノロジーの進化により新しい兆しも現れている。川口谷氏は義父から受け継いだ牛舎と20頭の乳牛だけでなく、周辺の酪農家4戸も巻き込んで共同で酪農会社「カーム角山」を設立。アジア最大の完全自動化酪農施設に仕立て上げた。ロボットが360頭の牛の乳を1日3回搾り、餌やりや健康状態も管理する。発電装置の燃料にするためのふんの回収もロボットが行っている。

  川口谷氏は「ロボットがなかったら、牛の世話をするのにパートの人を15人も雇わないといけなくなるところだった。おかげで人件費を年1500万円節約できた」と話す。現在、カーム角山では昨年購入した380頭を含め現在610頭の乳牛を飼育。このうち約250頭は子牛か妊娠中の雌牛のため乳を出していない。

平均生産量の10倍

  自動化が確実に酪農業の在り方を変えつつある。カーム角山では15年、約15億円を投じて搾乳ロボットや150キロワット規模の発電装置を導入。川口谷氏によると16年の原乳生産量は前年比4倍増の4500トンに、来年は5600トンと平均的な国内酪農家の生産量の約10倍の水準に達する見通しだ。カーム角山は北海道西部で最大の生産量を誇る酪農施設となった。人力に頼る作業がなくなった分、生産量データの分析や乳の質、動物の健康状態などに気を配る余裕が生まれ生産性が進展した。

  北海道内の酪農家の間では同様のロボット導入の取り組みが進む。北海道農政部技術普及課の大塚真一主幹によると、現在100台以上の搾乳ロボットが道内で稼働しているという。

計測機器が搾乳作業を常時モニタリング

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

  酪農県・北海道で大規模化や効率化が進んだことが寄与し生乳の生産量は底入れしている。農林水産省の統計によると、16年1-6月期の国内生産量は前年同期比1.1%増の378万トン。年間の生産量は、1984年以来最低の733万トンまで落ち込んだ14年から2年連続で増加する見通しだ。酪農家数は減少しているものの、残った酪農家の規模が拡大していることや、乳牛1頭当たりの生産性が向上していることが浮き彫りになっている。

  日本政策金融公庫情報企画部の大本浩一郎部長は「北海道ではいわゆるメガファームが誕生し、業界での存在感が増している」と指摘する。同公庫は15年度、酪農家への貸し出しを前年度比17%増やした。

  三菱総合研究所の武田洋子チーフエコノミストは、各酪農家の規模が小さいことや高齢化の進展といった事情により業界全体が労働力不足や効率性向上といった課題に直面しており、国内でのロボット活用は他の国よりも速いペースで拡大する可能性があるとみている。

  農水省の統計によると酪農家数は過去8年間で28%減少。さらに農業従事者の平均年齢は05年の63.2歳から15年には67歳まで上昇している。

カーム角山・川口谷仁専務取締役

Photographer: Tomohiro Ohsumi/Bloomberg

  「若い人たちが酪農を継がないのは将来に夢が持てないから」。川口谷氏はこうみている。「われわれがこの地域の安定した基幹産業になりたい。そうすれば後継者問題の解決になるし、家族の外からでも若い人がやってくると思う」との見方を示した。

原題:Biggest Robot Dairy in Asia Sets Model for Milk Revival in Japan(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE