日銀短観の企業物価見通し、1年後「0.6%上昇」-5四半期連続低下

  • 前回調査の0.7%上昇から鈍化-全規模・全産業の平均
  • 3年後、5年後は1.0%上昇-ともに前回から伸び率低下

日本銀行が集計した企業短期経済観測調査(短観)の「企業の物価見通し」は、1年後の平均値が0.6%上昇と6月の前回調査(0.7%上昇)から伸び率が低下した。昨年9月調査以来5四半期連続で前回調査を下回った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。