LME金属:1年ぶり高値近辺、強気相場入り後-中国製造業PMI堅調

3日のロンドン金属取引所(LME)で取引される金属6種で構成するLME金属指数は約1年ぶりの高値近辺。同指数は先週強気相場入りしていた。中国国家統計局が1日発表した9月の製造業購買担当者指数(PMI)は、約2年ぶりの高水準となった前月と同じ値だった。非製造業の指数は上昇した。

  LMEの亜鉛相場(3カ月物)は6営業日続伸し、前週末比1.2%高の1トン=2406ドルで終了。銅、鉛、ニッケル、スズが下落する一方、アルミニウムは上昇した。中国の市場は今週休場。

  石油輸出国機構(OPEC)の減産合意を受けて原油価格が上昇し、金属の生産コストが押し上げられたことも見通しの改善につながった。

原題:Metals’ Return to Bull Market Boosts Mine Shares on Chinese Data(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE