米クリーブランド連銀総裁:11月利上げの論拠は強いだろう

  • 11月のFOMCは「ライブ」の会合、政治は金融政策決定に影響せず
  • 金融当局として先を見越すべきだ-ブルームバーグTVインタビュー

米クリーブランド連銀のメスター総裁は、米経済に利上げの機が熟していると述べ、米大統領選挙に近い日程ではあるものの11月の連邦公開市場委員会(FOMC)も「ライブ」の会合とみるべきだとの見解をあらためて示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。