NY外為:ドルが対円で5日続伸-9月の米製造業景況指数受け

更新日時

3日のニューヨーク外国為替市場ではドルが対円で5営業日続伸。8月以来の長期連続高となった。9月の米製造業景況指数が活動の拡大を示したことが手掛かり。同指数は前月、市場の予想外に縮小を示していた。

  ブルームバーグがまとめた先物市場のデータによれば、製造業景況指数の改善もあり、12月までの米利上げの確率は60%に上昇。ブルームバーグが実施したエコノミスト調査では、今週発表される9月の米雇用統計では雇用者数の伸び加速が見込まれている。ただサクソバンクの通貨戦略責任者、ジョン・ハーディー氏は、相場が大きく動くには「かなり大きなサプライズ」が必要になるとみている。

  同氏は「明るい米経済データはドル上昇にプラスとなる」とした上で、「今週の米経済データが意味あるものとなるためのハードルは高い。日本銀行と連邦公開市場委員会(FOMC)の政策決定が大きな動きをもたらさなかったことから、市場では極めて不安感が強い」と述べた。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ドルは対円で前週末比0.3%高の1ドル=101円65銭。この5営業日の上昇率は1.2%となった。 

  米供給管理協会(ISM)が3日発表した9月の製造業総合景況指数は51.5と、前月の49.4から上昇した。

9月の米製造業景況指数は上昇

Photographer: Daniel Acker/Bloomberg

  ニューヨーク連銀のダドリー総裁は、借り入れコストをゼロ付近に引き下げてリセッション(景気後退)に対応する能力に限界があることを考えると、米金融政策当局は利上げに慎重になるべきだとの認識を示した。またクリーブランド連銀のメスター総裁は、米経済に利上げの機が熟していると述べ、米大統領選挙に近い日程ではあるものの11月の連邦公開市場委員会(FOMC)も「ライブ」の会合とみるべきだとの見解をあらためて示した。

  先物市場に織り込まれる年末までの利上げ確率は、1週間前には51%だった。この算出は、利上げ後の実効フェデラルファンド(FF)金利が新たな政策金利レンジの中央値になるとの仮定に基づいている。

原題:Dollar Extends Longest Winning Streak Against Yen Since August(抜粋)

(第5段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE