欧州債:イタリア債とスペイン債の利回り格差拡大-国民投票めぐる観測

3日の欧州債市場ではイタリア国債が下落。スペイン10年債に対する利回り上乗せ幅(スプレッド)が約2年ぶりの大きさに広がった。最新の世論調査は、レンツィ伊首相の進退が問われる政治改革法案の国民投票の結果が予断を許さない状況であることを明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。