【コラム】ドイツ銀問題、われわれが心配すべきこと-エラリアン

  • 「リーマン・モーメント」の可能性低い、状況は大きく違う
  • 金融システムに対するリスクはある、他行に影響波及も

先週の私のブルームバーグ・ビュー・コラムは欧州銀行システムが直面している逆風とドイツ銀行の苦境が持つ幅広い意味合いについてだった。

  今度はドイツ銀に固有の問題を見てみよう。まず、ドイツ銀問題が「リーマン・モーメント」になり得るかという点から始めて、起こりそうなこと、起こらなそうなことを検証してみる。

  リーマン・モーメントとは衝撃的だった2008年の金融危機を指す。貿易と投資、消費が同時に急減した「突然の停止」を意味する。この直接の原因は金融システム内の相互信頼の崩壊だった。金融機関は「カウンターパーティー・リスク」を恐れて取引から手を引いた。銀行システム内のパイプが目詰まりを起こし与信が枯渇、最も信用力の高い借り手すら単純なトレードファイナンスをまとめるのに苦労した。

  これらは経済が心臓発作を起こしたようなものだ。素早く処置をしなければ体の他の器官が正常に働かなくなり、システム全体に機能不全が広がる。

  ただ、ドイツ銀自体についても環境という点でも、ドイツ銀がリーマン・モーメントの再現を引き起こす可能性は低い。

  確かに、「レベル3」資産の複雑な評価を含めドイツ銀のバランスシートには問題がある。しかし同行の資金源はリーマンよりもはるかに多様で、バランスシートはどんな時期のリーマンより大幅に堅固だ。リーマンと違って、中央銀行の緊急資金供給も利用できる。

  さらに資産売却やライツイシューなど、経営陣にも株主にも不評かもしれないが内部で資本を作り出す手段がある。これまでに蓄積した法的問題に対する引当金を考慮に入れると、先週末に一部メディアが報じたとおり米司法省との合意額が当初要求の140億ドル(約1兆4200億円)よりもはるかに低くなるならば圧力は軽くなる。

  環境も大きく異なる。ドイツ銀は世界の金融システムで勢いを増す嵐の一部ではない。欧州の一部の銀行はまだ脆弱(ぜいじゃく)だが、世界的には多くの銀行が資本を厚くし慎重な流動性管理を行っている。法的責任の整理でも長足の進歩を遂げた。特に米銀はそうだ。

  ただ、ドイツ銀がリーマン・モーメントを引き起こさないにしても、システムに影響を及ぼさないということではない。留意すべき点が少なくとも4つある。

  1.すでに芳しくない銀行システムの評判をいっそう傷つけ、銀行の金融仲介機能に対する信頼を弱めるような発言を政治家から引き出しかねない。

  2.マクロプルデンシャル政策枠組み、つまり金融システムの安全と健全性を確保するための監督体制に残る不備を露呈させ、中央銀行と銀行監督当局が政治の干渉を受けやすくなる。

  3.欧州の銀行に対する懸念の再燃は同地域の成長見通しに悪影響を与える公算が大きい。金融機関が慎重になり、信用供与よりもバランスシートの健全化を優先することが見込まれる。

  4.銀行はそれぞれの業務が相互に絡み合っていることから、株式や債券市場で影響を広げるリスクが他の多くの業界に比べ高い。まず内部で影響が増幅する偶発転換社債(CoCo債)など、ハイブリッド証券の普及がこれに輪を掛けそうだ。ドイツ銀の苦境が他行の資本構造を動揺させ、投機筋の空売りを浴びる銀行銘柄が増え、市場全体の不安定化につながる可能性がある。

  そういうわけで、ドイツ銀を安定させることの恩恵は同行のみにとどまらない。幸いなことに安定を回復させる手段もある。リーマン・モーメントは可能性が低いが、欧州と銀行業界が巻き添えや意図せぬ結果を被るリスクを最小限に抑えるための時間は限られている。

原題:What Should Worry Us About Deutsche Bank: Mohamed A. El-Erian(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE