台湾の金融監督トップ辞任-兆豊金控の資金洗浄問題の影響沈静化図る

台湾金融監督管理委員会(金管会)の丁克華主任委員が辞任した。台北に本社を置く金融機関、兆豊金控のマネーロンダリング(資金洗浄)問題をめぐる議論の影響沈静化を図った。

  金管会のウェブサイトに3日掲載された声明で、丁主任委員はこの問題への対処をめぐる金管会へのダメージを抑制するために辞任すると説明。自身は潔白だと主張した。

原題:Taiwan’s Top Financial Regulator Resigns Over Mega Controversy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE