台湾の金融監督トップ辞任-兆豊金控の資金洗浄問題の影響沈静化図る

台湾金融監督管理委員会(金管会)の丁克華主任委員が辞任した。台北に本社を置く金融機関、兆豊金控のマネーロンダリング(資金洗浄)問題をめぐる議論の影響沈静化を図った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。