ドイツ10年国債は売却を、米国債との利回り格差縮小へ-モルガンS

ドイツと米国の10年国債利回り格差が3月以来の大きさに拡大しているものの、モルガン・スタンレーは米国債を買って独国債を売却することを勧めている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。