新興市場株:MSCI指数、上昇-ドイツ銀めぐる懸念後退で

3日の新興市場株は上昇。7-9月(第3四半期)は四半期ベースで2012年以来の高い伸びとなっていた。ドイツ銀が住宅ローン担保証券(RMBS)問題をめぐり当初の見込みを下回る金額で米当局と合意する可能性があるとの報道を受け、高利回り資産の需要が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。