消えては浮かぶ日銀外債購入、サマーズ氏排除せず-首相真意も容認か

  • 行き過ぎた円高時などに「可能な選択肢」とサマーズ元米財務長官
  • 安倍首相の否定発言も「必要ならやるべきだ」が真意-中原氏

日本銀行が金融政策の一環として外債を買うべきだという声が消えかかっては浮上している。先月の20カ国・地域(G20)首脳会議後、安倍晋三首相が会見で為替目的の外債購入を否定したが、金融政策としては可能との見方は根強い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。