クリントン氏、演説でウェルズF批判へ-賠償妨げる条項の規制も提案

  • 賠償請求を難しくしている条項を制限する規制案を打ち出す見通し
  • 反トラスト法を再度活性化させる新たな提案も示す

米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン氏は3日の遊説で、口座開設をめぐる不祥事が発覚した米銀ウェルズ・ファーゴを批判し、損害賠償請求を妨げる条項の規制案を公表する計画だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。