トランプ氏側近も内心お手上げか、「史上最悪の週」から起死回生なるか

  • 共和党のアドバイザーからも自制求める声
  • 所得税不払いからポルノ出演までさまざまな報道があった1週間

米大統領選での勝利を目指す共和党候補ドナルド・トランプ氏にとって最悪の1週間は、討論会のパフォーマンス批判で幕を開け、連邦所得税の支払いを18年間免れてきた可能性を伝える報道で幕を閉じた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。