PIMCO、アジア債務リスクを警告-ドル建て債発行が過去最大に

  • 7-9月期のアジア太平洋発行体による発行額は前年度同期比66%増
  • アジア太平洋のレバレッジ鈍化は予想せずとPIMCO

アジア太平洋地域の発行体による7-9月(第3四半期)のドル建て債発行が過去最大規模となったことを受け、米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)は債務水準が上昇するリスクを懸念している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。