中国の高級品需要が鈍化、最も期待持てるのは米国-チャート

  中国で高級ブランド品の需要が鈍化している。RBCキャピタル・マーケッツのアナリスト、ロジェリオ・フジモリ氏によれば、バーバリー・グループやグッチの親会社ケリングなどの企業は米国に一段と重点を置きつつある。RBCの推計によれば、高級品の約20%が北米の消費者によって購入されている。米国だけで世界の資産の30%を保有する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。