市場がみる長期金利下限はマイナス0.1%、10年入札が試金石との見方

  • 下限からどのくらい上振れて入札できるかがポイント-三菱モルガン
  • 入札強いと減額される可能性出てくるのでやりにくい-メリル日本証

日本銀行が新たに導入した金融緩和の枠組みで、操作対象となる長期金利の下限めどは政策金利と同水準のマイナス0.1%近辺との見方が市場で出ている。4日実施の10年債入札が一つの試金石になりそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。