9・11遺族がサウジに損害賠償請求-提訴可能にする法成立から2日後

  • 原告はテロ時に海軍中佐の夫を国防総省で亡くした女性とその娘
  • サウジがアルカイダとビンラディン容疑者を支援したと原告は主張

2001年9月11日の米同時多発テロで夫を亡くした米国人女性が9月30日、サウジアラビアを提訴した。米国でのテロ行為に関与したとされる外国政府に遺族が損害賠償を求めることを可能にする法が米議会で2日前の28日に成立したばかり。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。