【個別銘柄】統合コカW上昇、アダストリ急伸、川崎重やゴールド下落

更新日時

3日の日本株市場で、株価変動材料のあった銘柄の終値は以下の通り。

  コカ・コーラウエスト(2579)、コカ・コーライーストジャパン(2580):2017年4月に経営統合することで合意したと9月30日に発表。コカEJ1株に対しコカW0.75株を割り当てる。両社は統合後3年間で200億円のシナジー効果を目指す。野村証券は、5社のボトラーが統合したコカEJが15年12月期までの3年間で約200億円のシナジーを創出したことを考えると今回も達成可能性が高いと指摘した。終値はコカWが前営業日比5.8%高の2983円、コカEJは2.5%高の2240円。

ボトラー経営統合へ

Photographer: Carla Gottgens/Bloomberg

  アサヒグループホールディングス(2502):3.6%高の3798円。100%子会社エイ・アイ・ビバレッジホールディングが保有する康師傅飲品株約10%を334億円で譲渡すると30日に発表した。16年12月期に148億円の特別利益を計上する。野村証券は、資産効率を重視したポートフォリオ運営の一環として評価。中期的には残る康師傅飲品への出資20.4%に加え、青島ビールへの19.9%出資も売却の可能性があると指摘した。

  アダストリア(2685):14%高の2627円。17年2月期純利益計画を100億円から120億円に上方修正すると30日に発表した。また、発行済み株式総数の2.49%、金額で28億円を上限に自己株取得することも決め、3日午前の東京証券取引所のToSTNeT-3で110万8700株を約25億6000万円で取得した。

  川崎重工業(7012):11%安の276円。17年3月期営業利益計画を700億円から前期比65%減の340億円に減額すると30日に発表した。期末配当計画も6円から2円に減らす。野村証券は3日付で投資判断を「買い」から「中立」、目標株価を440円から320円に引き下げた。円高の影響に加えて、船舶海洋事業でも追加費用が見込まれるとし、17年3月期営業利益予想を665億円から360億円、来期は755億円から500億円に下方修正した。

  ゴールドウイン(8111):7%安の4910円。スパイバー社(山形県鶴岡市)と共同開発し、16年内の発売を予定していた人工合成クモ糸繊維を使用した「ムーンパーカ」について、発売時期を17年以降に延期すると30日に発表。素材品質の安定性をさらに向上させるため、研究開発に時間をかける必要があると判断した。

  太陽ホールディングス(4626):3.8%高の3590円。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は30日付で投資判断「買い」で調査を開始した。18年3月期は円高影響の一巡と新工場立ち上げに伴う諸費用の軽減などで増益に転換すると予想。さらに中長期的視点ではエレクトロニクス市場拡大に伴うソルダーレジスト関連分野の成長などを見込んだ。目標株価は4730円。

  ネクステージ(3186):8.4%高の1644円。16年11月期営業利益計画を16億5400万円から前期比66%増の21億円に上方修正すると30日に発表した。主力の中古車販売店事業で販売単価上昇と販売台数増加により売上高が想定から1割以上上振れするほか在庫回転率の改善やローコストオペレーションも寄与する。

  ジャパンディスプレイ(6740):3.8%安の151円。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は目標株価を210円から160円に引き下げた。スマートフォン市場の成熟化や中国企業の中小型液晶での勢力拡大など事業環境は厳しいと指摘。17年3月期営業利益予想を130億円から60億円に、18年3月期を157億円から50億円に下方修正、さらに19年3月期には150億円の赤字に転落すると試算した。四半期キャッシュフローのシミュレーションからは、綱渡りの経営が透けて見えるとして、投資判断は「中立」を継続。

  ホクシン(7897):33%高の171円。17年3月期営業利益予想を4億5000万円から6億5000万円に上方修正すると30日に発表した。上期までに新設住宅着工戸数が好調に推移していることやエネルギーコスト低減などが寄与する。

  フィンテック関連:セレス(3696)は1.5%高の2006円、さくらインターネット(3778)は8.5%高の1103円、GMOペイメントゲートウェイ(3769)は6.7%高の5610円など。仮想通貨ビットコインを利用した支払いができる国内の店舗が数百万規模に拡大すると2日付の日本経済新聞朝刊が報道。松井証券は、フィンテック関連銘柄はもともと個人投資家の関心が高いテーマであるため、ビットコインのような材料が出ると株価は反応しやすいとの見方を示した。

  ユニバーサルエンターテインメント(6425):8.7%高の3250円。4-9月期純利益は前年同期比4.2倍の160億円になったようだと3日午後に発表した。円高で為替評価益が増加、従来計画は101億円だった。

  ワイヤレスゲート(9419):8.8%高の1860円。IoT(モノのインターネット)向け高速通信サービスの事業化へのめどが立ったと3日午前に発表した。新規事業開始にあたり、モバイル・インターネットキャピタル社と共同でLTE-X社を設立した。

  SUMCO(3436):2.8%高の844円。メリルリンチ日本証券は300ミリウエハー需要、価格見通しを上方修正し、16年12月期営業利益予想を105億円から115億円、来期を280億円から300億円に増額した。投資判断「買い」を継続、目標株価は930円から1100円に引き上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE