ティム・バートン監督「ミス・ペリグリンズ」が初登場1位-北米映画

  • 2位はBP原油流出事故描いた「ディープウォーター・ホライズン」
  • BPは映画について「正確な描写ではない」とコメント

週末の北米映画興行収入ランキングで、ティム・バートン監督の「ミス・ペリグリンズ・ホーム・フォー・ペキューリア・チルドレン」(原題)が初登場1位となった。同作品の原作は、ランサム・リグズの小説「ハヤブサが守る家」。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。