ドル・円は101円台、欧銀不安後退で一時円売り-離脱警戒でポンド下落

更新日時
  • 一時101円66銭までドル高・円安に振れた後は一進一退の展開
  • ドル・円の上値は重い-クレディ・アグリコル銀

3日の東京外国為替市場では、ドル・円相場が1ドル=101円台で推移した。ドイツ銀行の財務不安後退で投資家のリスクセンチメントが改善する中、円売りが先行したが、英国の欧州連合(EU)離脱に対する警戒感もあり、上値は限定的となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。