独企業首脳がドイツ銀支持で結束、「不可欠な存在」-独FAZ日曜版

  • 財界首脳は世界経済における自国金融機関の重要性を強調
  • 独主要企業首脳、ドイツ銀への信頼と強固な関係継続を誓う

ドイツの大手企業首脳は新聞のインタビューで、米国での巨額制裁金やイタリアでの法廷闘争に直面するドイツ銀行について、ドイツとグローバルビジネスを展開する同国企業にとって不可欠な存在だとの見解を示し、同行への支持で結束した。

  ダイムラーやミュンヘン再保険、シーメンス、ドイツ取引所を含むDAX指数構成企業の首脳らは独紙フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)日曜版とのインタビューで、金融機関を選択する際には国籍が重要な役割を果たすと強調した。

独企業はドイツ銀支援で結束

.

  BASFのユルゲン・ハンブレヒト会長は「ドイツの産業は世界進出で付き添ってくれる国内銀行を必要としている」と述べた。エーオンのヨハネス・タイセン最高経営責任者(CEO)は同紙に対し、ドイツのような輸出国では、企業が国際資本市場に外国銀行を介してしかアクセスできなければ不都合だと指摘。RWEのペーター・テリウムCEOは、国際的な競争で成功するにはドイツ銀行のようなグローバルプレーヤーを味方に付けることが重要だと述べた。

  ダイムラーのディーター・ツェッチェCEOは、ドイツの力強い経済には強い銀行が必要と述べ、「ドイツ銀には素晴らしい伝統と強固な基盤があり、それに基づく明るい将来がある」と確信していると語った。

  金融サービスのミュンヘン再保険のニコラウス・フォンボンハルトCEOはドイツ銀の最近の問題について、同行とのビジネスを減らす理由にはならないと述べた。

原題:Germany’s Business Chiefs Back Deutsche Bank Amid Mounting Woes(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE