シャープ株3週間ぶり高値、有機EL供給へ米アップルと協議-関係者

  • 有機ELに574億円投資、18年に試験ライン稼働-発表
  • 本格的な量産に向けたノウハウを蓄積し、生産技術を開発-発表

台湾の鴻海精密工業傘下のシャープ株が3週間ぶりの高値となった。スマートフォンの次世代ディスプレーとして期待される有機ELの供給へ向け、米アップルと協議していると関係者1人がブルームバーグの取材に匿名を条件に語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。