コロンビアで内戦再開の恐れ-国民投票で和平合意を拒否

更新日時
  • 今回の結果は同国の金融市場を混乱させる可能性
  • 反対が50.2%と、賛成49.8%をわずかに上回る

コロンビアで2日、政府と左翼ゲリラ、コロンビア革命軍(FARC)の間でまとまった和平合意をめぐる国民投票が行われ、反対が多数を占めた。52年間にわたる内戦が再開する恐れがあり、同国は再び不確実な時期に突入した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。