ドイツ銀に新たな痛手、モンテ・パスキの取引めぐりイタリアで起訴

  • 野村とモンテ・パスキの元幹部も起訴された
  • 判事はミラノで12月15日の開廷を予定

イタリアの銀行モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナの2008年の損失隠しで同行と共謀したとしてドイツ銀行と同行従業員1人、元幹部5人が1日、イタリアの裁判所で起訴された。ドイツ銀には新たな痛手となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。