トランプ氏は納税情報開示せず、税金逃れかとの報道でも-関係者

更新日時
  • 米紙NYTはトランプ氏が最大18年にわたり税逃れした可能性と報道
  • トランプ氏は「法的救済策の活用の天才」と支持者が援護射撃

米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプ氏が1995年に巨額の損失を申告し、その結果20年近く連邦所得税の支払いを免れてきた可能性があるとの報道に関し、トランプ陣営の戦略に詳しい関係者2人は、納税に関する新たな情報を同氏が公開しない見通しであることを明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。